日本保健科教育学会 会則

第1章 総則


第1条   本会は、日本保健科教育学会(Japan Society of School Health Education)と 称する。

      (2016年4月発足)

第2条   本会は、保健科教育に関する学術的・実践的研究を行い、保健科教育学の発展と共に会員相互の

      研究協力ならびに情報交換を促進することを目的とする。

第2章 事業


第3条   本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

        (1)研究大会の開催

        (2)研究会、講演会等の開催

        (3)学会誌『保健科教育研究』(Japanese Journal  of School Health Education)の発刊

        (4)会員の研究に資する情報の収集およびその公開

        (5)その他、本会の目的に資する諸事業の促進

第3章 会員


第4条   本会の目的に賛同し、所定の申込書を事務局に提出した後、理事会で承認された者は、会員とな

      ることができる。

第5条   本会員は、次の通りとする。

        (1) 正会員 :本会の趣旨に賛同する個人であり、理事会の承認を要する。正会員は、研究発表

              に関わる権利の他、学会理事の選挙権および被選挙権を有する。

        (2) 名誉会員:本会に貢献のあった者で理事会が推薦し総会の承認を得た個人。名誉会員は、学

              会理事の選挙権および被選挙権を有さない。

        (3) 賛助会員:本会の目的に賛同する、団体または個人で、理事会の承認を得た者。賛助会員は

              学会理事の選挙権および被選挙権を有さない。

第6条   本会会員は、次の会費を年度毎に納入しなければならない。

        (1) 正会員 :4,000円

        (2) 名誉会員:徴収しない

        (3) 賛助会員:年額一口(10,000円)以上

第7条   会員は、本会の機関誌その他の刊行物などの配布を受け、本会の行うあらゆる事業に参加するこ

      とができる。

第8条   会員で、原則として2年度間会費を納入しない者は、退会とみなす。

第9条   会員は退会届を提出することにより、任意に退会することができる。その際、既納会費はいかな

      る理由があっても返還しない。

第4章 役員


第10条  本会に次の役員を置く。

        (1) 会長   1名

        (2) 副会長  1名

        (3) 理事長  1名

        (4) 理事   5名

        (5) 監事   2名

        (6) 幹事   2名

        (7) 事務局長 1名

第11条  役員は以下の手続きによって決定する。

        (1)会長・副会長・理事長は、理事の互選により選出し、総会において決定する。

        (2)理事は、正会員の記名された投票順位によって選出する。

        (3)監事2名は、理事長が候補者として推薦し、総会において決定する。

        (4)幹事2名は、理事長が正会員の中から候補者として推薦し、総会において決定する。

        (5)事務局長は、理事長が候補者として推薦し、理事会において決定する。

第12条  役員は以下の職務を執行する。

        (1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。

        (2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があったときは、これを代行する。

        (3) 理事長は、理事会を招集し、会務を推進する。

        (4) 理事は、理事会を構成し、第3条に規定する任にあたる。

        (5) 監事は、本会の会務を監査する。

        (6) 幹事は、本会の会務を補佐し、事務処理にあたる。

        (7) 事務局長は、本会の事務処理を統括する。

第13条  会長・副会長の任期は2期6年を上限とする。その他の役員の任期は、3年とする。ただし、再

                        任を妨げるものではない。

第14条  役員は、無給とする。

第5章 会議


第15条  本会の会議は、総会および理事会とする。

第16条  総会は本会の最高決議機関であり、会長がこれを招集し、次の事項を審議決定する。

        (1) 会長、副会長、理事、監事の選出

        (2) 事業報告および収支決算

        (3) 事業計画および収支予算

        (4) 会則および諸決定の改正

        (5) その他の重要事項

      2.総会は、通常年1回開催される。

第17条  臨時総会は、理事会の決定または会員の5分の1以上の要求があるときに開催される。

第18条  理事会は、会務を処理し、本会の運営の責にあたる。

      2.理事会は、本会の役員により構成される。

      3.理事会は毎年4回以上開催され、役員の3分の2以上の要求があるときには、臨時に開催さ                           れる。

第19条  総会および理事会の議事は、出席者の過半数をもって決定される。ただし、会則の改正は出席者

      の3分の2をもって決定される。

第20条  理事会は、次の各種の委員会を設置することができる。

        (1) 総務委員会、学会誌編集委員会、財務委員会、学術委員会

        (2) その他必要に応じた短期間の特別委員会

第6章 会計


第21条  本会の経費は次の収入によって支出する。

        (1) 会員からの会費

        (2) 他よりの助成金および寄付金

        (3) その他の収入

第22条  本会の会計年度は、各年4月1日から翌年3月31日までとする。

第7章 懲戒


第23条  会員が、次の各号のいずれかに該当する場合においては、会長は理事会の決議を経て、懲戒を科

      すことができる。

        (1) 法令又は本学会の会則若しくは規定等に違反したとき

        (2) 本学会の名誉又は信用を毀損し、その他会員としての品位を損なう行為をしたとき

      2.前項の懲戒は、次の各号のいずれかとする。

        (1) 書面又は口頭による厳重注意

        (2) 会員活動の停止

        (3) 除名

第8章 事務局


第24条  本会に、会務を執行するための事務局を置く。幹事が会務を補佐し、事務処理に当たる。

付則 1


本会則は2016年4月1日より施行する。

2017年12月17日 一部改正

2019年12月8日 一部改正